商品に関してのご案内

サイズの選び方について

靴のサイズは国によって基準や単位が異なります。
日本では足長をサイズとして表記しますが、欧米では靴型のサイズを表記しています。サイズ展開も日本では5mm間隔のところ、3分の2cm間隔であったりインチ単位であったりとさまざまです。 また、メーカーやデザイン、製法・素材など様々な要因によって、シューズを履いた際のフィッティングは変わります。
シューズは全て輸入品となっており日本サイズでの表記はございません。当店では過去の販売データを元に日本のサイズを割り出し販売しております。

初めてご購入頂くお客様

初めてご購入のお客様は普段把握されているサイズを基準としご注文下さい
サイズをスニーカーで把握されているお客様は余裕を持たせて履かれている事が多く、実際のご自身のサイズが靴の表記より0.5cm~1cm程度小さい場合がございます。
革製品の場合、履き馴染むと柔らかくなり伸びも出てきます。出来る限りフィット感のあるサイズをお奨め致しますが、痛みや違和感のあるサイズのご購入はお奨め致しません。

サイズ(長さ)
指先が軽く触れるか若干隙間のあるサイズ。
かかとは余りが無いか若干余裕のあるもの。
靴を履いた状態で、指を曲げずにつま先方向へ移動します。かかとに余りがない状態かもしくは小指の先が入る程度が最適です。
足を靴のかかとに合わせ紐を結び違和感、痛みがなければ最適です。

踵が浮く場合
タップシューズは一般の靴に比べ、かかとが浅く作られている商品が多く脱げ感として感じる場合があります。
レザーソールの商品の場合はソールが柔らかくなると靴も曲り易くなりますので徐々に解消されます。
ワイズ(巾)に余裕がある場合、ハーフサイズダウンにてお奨め致します。

ワイズ(巾)
どの靴を買ってもさほど巾の事を気にしたことがない方。(普通巾)
普段から少し巾の広めの靴を探している方。どの靴を履いてもきつく感じる方。(広巾)
普段からどの靴を履いても横巾がゴソゴソ余った感じがする方。(細巾)
※ダンス用ですので、一般のタウンシューズに比べ全体的にホールド感があり窮屈に感じる場合がございます。

ワイズ(巾)の種類がない商品もございます。
普段から少し巾の広めの靴を探している方。どの靴を履いてもきつく感じる方、甲高の方はハーフサイズアップにてご注文下さい。

お子様の場合
国内で市販されている一般靴は巾を広くとっています。ジャストサイズですとキツイと判断されるお子様が多いようです。

細幅のお子様・・・普段どおりのサイズ。
普通巾のお子様・・・プラス5mm程度のサイズ。
甲高・広巾のお子様・・・プラス1cm程度のサイズ。
※足の成長を見込んで少し大きくお買いになりたいお客様は上記サイズに更にプラス5mm。(中敷の併用をお奨め致します。)

成長期のお子様の靴は、一般的に大きいサイズを選びがちになります。あくまでもダンス用ですので大きくてもかかとに小指1本入る程度が宜しいかと思います。もしそれより大きいサイズでご購入をご希望の場合は中敷等でサイズ調整をしご使用される事をお奨めいたします。

弊社ではゴムバンド(550円)・pedagソフトインソール(660円)やヒールストップ(550円)等をご用意しておりますが、お近くの靴店等で類似品は沢山販売されております。


お問合せ ご利用案内 ショップ案内

カレンダー
  • 今日
  • 店舗休業
  • 通販・店舗休業

SHOP営業時間:AM10:00-PM9:00

ページトップへ